竜と剣

創作ものを書いていくかも

Footballmanager2019 レアル…メンバー紹介

チームコンセプト…勝ちながら育てる

CR7を失ったレアル

ぶっちゃけCR7=レアル的な感情もあり、今回のレアルはコンセプトが難しい。前作までは単純にGKあたりを補強して俺TUEEEEEでよかったんだが。※それでもCL決勝で負けたっていうあたりは面白かった。

まず当初、CR7の穴を単純に埋めようとケイン、ネイマール、エムバペなどを狙って巨額のトレードを画策したが3人そろって「いやー、契約更新したばっかなんすよ、ははは」とあえなく轟沈。現実は厳しい。そう簡単に一線級の得点源は手に入らない。

ヴィニシウスやロドリゴなど5年後は明るい未来が待っているかもしれないがそこまでの王座も絶対に渡したくないというのが本音。他クラブにたいしてラスボスでありたいと思うのであった。最強クラスのストライカー補強はできなかったがその分、他ポジションを充実させて厚みと迫力が大幅に増した。

GK

f:id:vanish_l2:20181130204711p:plain

クルトワ

正GKとして君臨予定。間違いなく世界トップクラスのGK。1v1、ハンドリング、空中リーチ、反応、ジャンプ到達点が極めて高くしっかりとゴールに鍵をかけてくれるだろう。

f:id:vanish_l2:20181130205217p:plain

ナバス

ナバスが2NDGKである。贅沢すぎる…反応や敏捷性、集中力はクルトワを凌駕しておりゲームによっては出番は多くなるだろうと思う。

f:id:vanish_l2:20181130205506p:plain

GK比較画像

このようになっており、一長一短ではあるけれど、基本的にはクルトワでいく。ボール供給が高いことが最大の理由。

 

f:id:vanish_l2:20181130205923p:plain

キコ

第3GKはキコ。第3GKといいつつ可能な限りカスティージャの試合で使っていきたいくらいに能力は高い。2人と比べると物足りないかもしれないが充分にリーガでは上位のGKだろう。というか、他チームならほぼ間違いなく正GKである。

今更だけどレアルえぐいな…

CB

続いてCB勢。実は一番テコ入れされたポジション。

f:id:vanish_l2:20181130210713p:plain

S.ラモス

圧巻の能力値。真っ赤だよ…ヘディング20は草。まぁ、実際点とるしね、この人。

精神面がとにかく強い。ブーイングされても決して怯まない勇敢な兄貴。闘争心の塊やな。

f:id:vanish_l2:20181130211010p:plain

ヴァラン

タックル、マークはもちろんポジショニング、集中力にも優れたスピード豊かなDF。

現実では最近不安定で批判されがちだが、ラモスと2人でディフェンスラインを引き締めていきたい。

f:id:vanish_l2:20181130220110p:plain

ナチョ

ナチョ。チームワークの男。ポリバレントで本職はCBだったはずが今作では右SB適正が高いナチョ。集中力も抜群によいナチョ。名前の響きもよいナチョ。主に控えとしてベンチからチームを盛り上げていただきたい。ちなみにスペイン代表でも活躍しているように能力は高い。

残り2人のCBは新加入選手です。

f:id:vanish_l2:20181130220458p:plain

ダヨ・ウパメカノ

新加入選手 CBなのにスピードが18あるウパメカノ。ヴァランより速いじゃん…潜在能力としてはヴァラン程度まで伸びる逸材。悩んだうえでこの男に72億支払った。10代のCBとしては天文学的な価格でRB Leipzigよりやってきた。スピードのある相手との対戦ではラモスを下げて彼を先発させるかもしれない。フランス代表…

f:id:vanish_l2:20181130221411p:plain

ベンジャマン・パヴァール

新加入選手 ワールドカップでアルゼンチン相手にゴラッソを叩き込んだ男。VfB Stuttgartから45.5億円で引き抜いた。こちらもフランス代表…冷静で予測力も高い。まだ22歳なのに常に冷静に一手先を読むイケメンDF。

以上、5名がCB。相手に合わせて替えていくことになりそうだが怪我人がでてもうまくまわせていけそうである。

SB

サイドバックはテオがレンタルにだされており、一番補強に悩んだ。左SBマルセロの替わりがSergio Reguilón(我が箱庭ではJリーグレベルの能力…)というのは、苦しすぎない?ので、最初に目を付けたのがKieran TierneyというセルティックのSBだったのだが、バイエルンに持っていかれてしまい失敗。そんなこんなで以下のようなメンツになりました。

f:id:vanish_l2:20181130224105p:plain

マルセロ

なぜ、そこにマルセロがいるんだー!!!でおなじみ、左SBは実質ウイングなんじゃないかマルセロ先輩。ロベカル超えたんじゃないか説とかも聞こえてきますが、マルセロはマルセロです。ドリブル鬼、テクニック、クロス、タッチ、ひらめき鬼。まさにマルセロ。

レアルの左サイド攻撃は彼にかかっています。

f:id:vanish_l2:20181201063733p:plain

アルバロ・オドリオソラ

スタミナ豊富でスピードもあるオドリオソラが右SB。1stチョイスのカルバハルが骨折で出遅れているため。

f:id:vanish_l2:20181201104958p:plain

カルバハル

怪我が空けたらカルバハルがスタメンになる予定。右SBはナチョもパヴァールもこなせるし何気に安定してまわせそう。

左SBの控えは新加入選手です。

f:id:vanish_l2:20181201105237p:plain

ラファエル・ゲレイロ

新加入選手 ドルトムントから32.5億円で引き抜いた。ポルトガル代表で冷静さとチームワーク、敏捷性が高い。24歳と若い。新全試合では怪我してこのタイミングで復帰してきたので公式戦ではがんばってもらう。

SBは右2人、左2人の4名体制でまわす。

DM

コバシッチがなぜかレンタルにでているため手薄になった守備的MFは補強がうまくいった。まずは既存戦力の彼から。

f:id:vanish_l2:20181201105859p:plain

カゼミーロ

世界最高のDMFといっても過言ではない。所謂マケレレタイプ。彼がいることで守備のバランスをとっている。唯一の弱点は彼自身が出場停止になると替わりがなかなかいないということであった。そこで…

f:id:vanish_l2:20181201110115p:plain

カンテ

新加入選手 カンテとれちゃいました。110億円。正直、カンテでこの値段はバーゲンじゃないかと思う。評価額98億だしね。年俸が18億かかるが2年連続プレミアMVPのカンテである。カゼミーロのバックアップどころかカゼミーロをバックアッパーにしたり、或いは今季チェルシーのようにCMFで起用して併用してもよし。戦術の枠がとてつもなく広がった。カンテ1人で2人分働くと言われている。

DMFはこの豪華な2人。中盤がさらに強化された。

CMF

f:id:vanish_l2:20181201110800p:plain

トニ・クロース

精密機械の異名を持つパス成功率100%のクロース。説明不要かと。

f:id:vanish_l2:20181201111017p:plain

ルカ・モドリッチ

新たなレアルの象徴となったモドリッチUEFA欧州最優秀選手賞を受賞している。説明不要。

f:id:vanish_l2:20181201111740p:plain

イスコ

ケースバイケースだがこのイスコがベンチになるときがあるのだからレアルはやはり反則級なスタッドだなと強く思うのです。現実では苦戦しているけど。

f:id:vanish_l2:20181201112148p:plain

ダニ・セルバロス

若干、伸び悩んでいるが他チームなら間違いなくキープレイヤーなダニ。

WG

f:id:vanish_l2:20181201113005p:plain

ガリス・ベイル

CR7無き今、浮沈を握るエース。彼は特に怪我が多いので慎重に起用していく必要がある。右ウイングでインサイドFWかなぁ。

f:id:vanish_l2:20181201113430p:plain

ルーカス・バスケス

献身性ではベイルよりも上なんだがいかんせんベース能力が違いすぎるかな…だが、こういう選手っていいよね。好きだわ。右WG控え。

f:id:vanish_l2:20181201115644p:plain

ヴィニシウス・ジュニオール

左WGの1stチョイスはCMFにいるイスコだったりします。ヴィニシウスはゆっくり育てていきたいっていうか速攻で骨折しました…_| ̄|○

はやく帰ってこい…

f:id:vanish_l2:20181201120034p:plain

マルコ・アセンシオ

アセンシオかイスコ。或いは…スタメン考えるだけでもオールスター監督の気分になるのがレアルのいいところ。アセンシオの決定力18はとんでもない数値です。

CA低いかと思ったけど内容がこれなので確かにCR7の代替としては…アセンシオか?

左ウイングはイスコも得意なので1stイスコ、2NDアセンシオといったところ。

ST

f:id:vanish_l2:20181201130331p:plain

ベンゼマ

ベンゼマは柔らかいイメージがある。柔と剛といえば柔。CR7なき今、彼だけでは正直なところ不安が残る。そこでSTを捜していたのだが、あちこちに手を出していたら、「ビッグクラブ行きたい」と言い出した選手が現れ、彼がとれた。

f:id:vanish_l2:20181201150443p:plain

ルカク

新加入選手 ルカクがとれました。106億円。評価額85億だ。年俸が15億。ベンゼマが知性とするならば彼は筋肉となってくれることを願っている。フィジカル、高さ、スピードでゴールをこじ開けてほしい。

んでもって1人、架空新人を1人加えた。

f:id:vanish_l2:20181201152355p:plain

Ivan ”Zinga” Cerdà

7番を継承した男。まだ15歳でパッとみてFK、PK上手いだけだが潜在能力が200のネクスロナウドとして期待している。現時点ではジュニオールと比べても二回り以上能力が不足しているが数年後にはきっと…

 

以上25名で戦っていく…というか既に公式戦をいくつか消化した。

f:id:vanish_l2:20181201152716p:plain

7~8月の戦績

公式戦ではスーパーカップを連覇し、リーガ初戦を6-1(ベイルがハットトリック)で圧勝したところ。目標はCL4連覇とリーガの奪還である。

恐らく不可能ではないはずだ。

f:id:vanish_l2:20181201154159p:plain

7月スペイン移籍

f:id:vanish_l2:20181201154238p:plain

8月スペイン移籍

 

Footballmanager2019 ジャイントキリング

f:id:vanish_l2:20181125105704p:plain

首位のフロンターレを降格候補ナンバー1にされているチームで撃破。
これで就任してから2勝1敗3引き分け。あとはもう全部勝ちにいかないといけない厳しい状況ではあるけれど、来年優勝を目指すためにもなんとかしたい。

ちなみに親クラブのレアルからは1人も拾えませんでした。当たり前だけど、「ちょっとその成績のクラブには…」と言われてしまいw

f:id:vanish_l2:20181125110054p:plain

代わりにレンタルでちょこちょこ補強できたのみ。底上げとまではいかなかったが、がんばるしかない。

Footballmanager2019 戦術紹介…サリーダ・ラボルピアーナ

今作からようやく使えるようになった所謂「アンカー落ち」として、ペップを発端に世界中を席巻した今や常識とも言われるようになった戦術を紹介する。

もともとはメキシコのリカルド・ラボルペという監督が完成させたメキシコ発祥の戦術メカニズムであり、ポゼショナルサッカーを志す監督で知らない者はいないといっても過言ではない。

戦術に関する解説はリンク先を参照してもらえれば充分だろう。

FootballManager2019では以下のように設定する。

f:id:vanish_l2:20181124202513p:plain

f:id:vanish_l2:20181124202748p:plain

大事なのは「味方ボールの時にサイドに残れ」の指示。これを両CBに指示する。

でもってアンカーの選手には、

f:id:vanish_l2:20181124203148p:plain

ポジションを保て」を指示する。これでいわゆるサリーダ完成。

大切なのはこれをすれば強いということではなく、ここからどういう攻撃、守備、トランジションを構築するかである。FootballManagerではかなり前から5ラインの思想が強く、そもそも戦術設定画面が5ラインになっている。

どのラインの選手がどのように動くかを決めていくのだが、これがまた本当に楽しい。

f:id:vanish_l2:20181124203427p:plain

SBをともにインバーテッドにしてかつウイングもインサイトフォワードにし、1トップは下がって偽9番でゲームメイクにからみつつ~というように様々な戦術を実現できる。

Footballmanager2019 アンデルリヒト…筋肉サッカーとかいろいろ

f:id:vanish_l2:20181120211728p:plain

驚異のヘディング成功率。試合は支配されたが、制空権を支配した。

f:id:vanish_l2:20181120212014p:plain

でかいってのは有利なんだな。

なお、得点もヘディングによるもの。アシストもヘディング。


KRC Genk 0 1 Anderlecht 試合ハイライト

実は公式戦1戦目でもいいゴールがあったんだけど動画をエンコーディング中にフリーズしてしまい、幻のゴールに…

 
Anderlecht 2 0 Lokeren 試合ハイライト

このチームは筋肉をテーマにいきます。

 

なお、マンCはPKで、PSGは横綱サッカーでそれぞれ国内のスーパーカップ的なもので勝利、それぞれ1冠目。

f:id:vanish_l2:20181120212846p:plain

f:id:vanish_l2:20181120212937p:plain

んでもってカスティージャも2-0で好スタート。

ベルマーレは指揮を執り始めてからは1勝1負2引き分けとマスコミ曰く奇跡的な成績。※就任前までがひどすぎた。

f:id:vanish_l2:20181120213221p:plain

逆にパルメイラスは逆パターン。就任したとたん3連敗…チームとしては5連敗。

基本、あまりコンセプトを変えることはないけれどさすがに戦術を見直してようやく1勝した。

f:id:vanish_l2:20181120213435p:plain

移籍期間が終わるまではまったり進めているけれど、自然と公式戦も始まっていてあんまりのんびりもできなそう。

Footballmanager2019 ツインタワーデビュー

f:id:vanish_l2:20181118180741p:plain

f:id:vanish_l2:20181118180744p:plain

f:id:vanish_l2:20181118180746p:plain

サッカーは頭を使うスポーツなのだ!

というわけでヘディング、高さ、強さにすべてを賭けたチームを構築しようと思う。

3CBも全員高さと強さを兼ね備えてみた。

Footballmanager2019 チーム紹介...レアル・マドリード・カスティージャ(チーム10)

10チーム目はちょっと例外的なクラブ?

カスティージャを自分で動かしてます。

f:id:vanish_l2:20181113225124p:plain

未来のスターたち。

ただ、ベルマーレ支援のためここから2~3名が主に能力の高い順に抜けていくかもしれなかったり。選手が望むかわからんけども。

人事権のないクラブなのだけどカスティージャ用に若くて伸び盛りの選手はちょこちょことっていきたい所存。

Footballmanager2019 ベルマーレ初陣...vs磐田

 遂にチームレビューをすべて終える前に公式戦1戦目を迎えました。

ストーミングで怪我上等な戦術。選手の皆には負担を強いて申し訳ないが…

f:id:vanish_l2:20181113223638p:plain

よし勝った!ファウルが多くなるのは仕方ない。

全員で戦った証拠。

f:id:vanish_l2:20181113223734p:plain

親クラブにレンタル選手要請しているのでそれまでは現有戦力で耐えるしかない。

とりあえず最下位脱出に成功

f:id:vanish_l2:20181113224010p:plain

f:id:vanish_l2:20181113224617p:plain

ゴールの外から巻いて入る綺麗なカーブシュートでした。